EnCube(インキューブ)で英会話が上達する本当の理由

「3ヶ月続けた人のうち、97%の人が満足!」

英会話教材EnCube(インキューブ)には、こんな謳い文句があります。

「その数字は本当なの?」「入会させるためについた嘘じゃないの?」

正直なところ、これを読んだあなたはそう思っているかもしれませんね。大丈夫です、私もそう思いました。

ですが調べていくうちに、EnCube(インキューブ)には英会話スキルを着実にあげてくれる要素が詰まっていることがわかったんです。

これからEnCube(インキューブ)の特徴を話した上で、

「なぜ英会話が上達するのか」

本当の理由を話していきます。最後まで読んでもらえたら嬉しいです。

EnCube(インキューブ)のイメージ画像!
EnCubeのHPを見る

EnCube(インキューブ)の特徴は3つ!

EnCube(インキューブ)の特徴は3つ!

EnCube(インキューブ)とは、イムラン・スィディキという英会話の先生が考案した英会話教材です。

日本人を効率よくネイティブ化するために、ただなんとなく英単語・英文法・英語表現を学ぶのではなく、最初からコミュニケーションを取ることを前提に作られています。

まずはEnCube(インキューブ)の特徴から話していきましょう。

英会話スキルがぐんぐん上達するEnCube(インキューブ)の特徴①

英会話スキルがぐんぐん上達するEnCube(インキューブ)の特徴①

レッスンは1回5分の動画を見て発音を真似するだけ

EnCube(インキューブ)のレッスン内容は、スマホに配信される1回5分の動画を見て、イムラン先生たちのリードに従って発音を真似するだけ。家事のスキマ時間などを使って気軽に英会話を学ぶことができます。

またわざわざ英会話教室に行く必要がないので、飽き性の人でも続けやすいのもメリット。スマホひとつあればいいので、重たい教科書を持ち歩かなくて済みます。

人によっては普段は家でしっかりレッスンをして、外出したときはリスニング動画として見るなどもしているようです。普段の生活に取り入れやすいのが、EnCube(インキューブ)の特徴のひとつです。

英会話スキルがぐんぐん上達するEnCube(インキューブ)の特徴②

英会話スキルがぐんぐん上達するEnCube(インキューブ)の特徴②

外国人が実際にしている発音をダイレクトに学べる

外国人と話していると、このような経験をしたことがある人もいると思います。

「海外の人は早くて何を言っているのかわからない」

「文法も単語も間違っていないはずなのに通じない」

この原因は単純で、日本人がこれまで習ってきた発音の仕方と外国人の発音の仕方が違うからです。

例えば、「What do you do for a living?(お仕事は何をされていますか?)」という文章の場合、外国人は「ワルユードゥ フラ リビン?」と発音しています。私たちのように「ホワット ドゥー ユー ドゥー フォー ア リビング?」と単語をぶつぎりにしたり、アルファベット通りには言いません。

「What do you do」を「ワルユードゥ」とくっつけつつ別の音に変化させる(Linking(リンキング)と言います)

「living」を「リビン」と言って「グ」の音を消す(Reduction(リダクション)と言います)

このようなことをして、自分たちが発音しやすいように言い換えています。

そのため「早い」と感じてわからなくなってしまったり、「正しい英文を言っているはずなのに伝わらない」ということが起きたりしてしまうのです。

EnCube(インキューブ)では、こうした外国人特有の発音の仕方を記号(リアル発音記号)で表して教えてくれます。ちなみに今の例文のリアル発音記号は、「waRuyuduw fra livin’?」です。

外国人が実際に使うリアル発音をダイレクトに教えてくれるので、スピーキングもリスニングもぐんぐん上達していきます。

英会話スキルがぐんぐん上達するEnCube(インキューブ)の特徴③

英会話スキルがぐんぐん上達するEnCube(インキューブ)の特徴③

配信される3種類の動画に、スピーディに学べるシステムが組み込まれている

EnCube(インキューブ)では、3種類の動画が配信されます。配信される動画は次の通りです。

①基本の受け答えを学べる「ネイティブ英会話マスター」

②海外ドラマ仕立ての「Live English」

③1対1で総復習する「なりきりスピーキング」

これら3種類の動画には、それぞれ効率よく上達できるシステムが組み込まれています。それを今から詳しく解説していきましょう。

「ネイティブ英会話マスター」には「2ウェーブ自動反復システム」を採用

「ネイティブ英会話マスター」は、EnCube(インキューブ)の基本講座にあたります。配信スケジュールは、1日目から5日目で、朝と夕方の2回です。イムラン先生たち方が海外の人がよく使う英会話フレーズを、質問と答えをセットにして教えてくれます。

この動画で採用されているシステムが、「2ウェーブ自動反復システム」。脳科学でも重要視されている記憶の定着理論を応用したもので、これによって素早く確実に脳にインプットできるようにしてくれるのです。

具体的には、朝にレクチャーしたフレーズの“少しだけ難しいバージョン”を夕方の動画で配信されます。

例えば朝の動画で、

質問「Where do you live?(お住まいはどちらですか?)」

答え「I live in ○○ near ▲▲ Station.(私は▲▲駅の近くの○○に住んでいます)」

というフレーズを習った場合。

夕方の動画では、

質問「Where do you live,again?(どこに住んでいるんでしたっけ?)」

答え「I live in ○○ near ▲▲ Station on the □□ Line.(□□線の▲▲駅の近くの○○に住んでいます)」

というフレーズを紹介してくれます。

つまり朝に習ったことを忘れないように夕方の動画で復習しながら、より高度な会話術を学ぶことができるのです。

また夕方の動画では実際の会話を想定して最後に関連要単語も教えてくれるので、いろんなシチュエーションに対応することも可能です。

「Live English」と「なりきりスピーキング」には「バーチャル・スピーキング」を採用

「Live English」は6日目の朝に配信される動画で、イムラン先生を始めとする先生方が「ネイティブ英会話マスター」で習ったフレーズを使いながら対話します。海外ドラマ仕立ての動画となっていて、海外に実際に来ているような形で英会話のスピード感や雰囲気を掴むことができます。

「バーチャル・スピーキング」は7日目の朝に配信される動画で、イムラン先生と本当に対話しているような雰囲気で英会話のフレーズを復習します。英会話教室でマンツーマン指導を受けているような疑似体験をしながら、イムラン先生に質問をしたりイムラン先生からの質問に応えたりしていくのがこの動画です。

この2つの動画に採用されているのは、「バーチャル・スピーキング」というシステムです。リアルな会話の雰囲気がありながら相手や周りを気にすることなく発音できるので、「恥ずかしい」と思ったり「間違えたらどうしよう」と思うことなく積極的に英語を発音できます。

また動画ということで繰り返し見れるのもメリットのひとつ。英会話教室では講師の方に何度も同じことを言ってもらうのは申し訳ないと思うことなく、気軽に反復練習ができます。

※EnCube(インキューブ)で配信される3種類の動画は、7日間1セットとなっています。8日目からはまた「ネイティブ英会話マスター」で違うフレーズのレッスンを受けていきます。

EnCube(インキューブ)の効果をさらに高める方法 EnCubeのHPを見る

EnCube(インキューブ)で上達できる本当の理由とは?

EnCube(インキューブ)で上達できる本当の理由とは?

ここまで見てきてわかるように、EnCube(インキューブ)はアウトプットに力を入れています。これこそがまさに、EnCube(インキューブ)で上達できる本当の理由です。

日本人にはインプットする癖がある

日本人にはインプットする癖がある

何か新しいことを学ぶとき、本当に自分のスキルにするためには実践が物を言います。ひたすらインプットするのではなく、何度もアウトプットをして初めて覚えることができるのです。

お箸を使ってご飯を食べられるのは、お箸を何度も“使っている”からですよね。お箸を使っている人を見たり、持ち方の本を読んだりしたからではないはずです。

ですが日本人は、英会話ができるようになりたいときには話し方のコツを聞いたり英語の教科書を一生懸命読んだりするものの、積極的に言葉を発することをしません。

アウトプットしないために英語が覚えられないのに、外国人と話して「何て言ったらいいのかわからない」となったときでも「勉強が足りないからだ」と言ってさらにインプットをしてしまいがちです。

英会話教室でもアウトプット量は足りない

英会話教室でもアウトプット量は足りない

このアウトプットは英会話教室でも機会があります。ですが、スムーズに英語でコミュニケーションを取れるようにするためには圧倒的に量が足りません。

「今英会話教室に行っている人」あるいは「行っていた人」ならわかると思いますが、例えば週1回40分のレッスンを受けていたとしても毎日話すことはしませんよね。

授業で習ったことを翌日くらいまでは覚えていて復習していたとしても、次のレッスンまで毎日発音をすることはしていなかったと思います。

それはあなたがサボっていたからではなく、コミュニケーションを取る相手がいないですから仕方ありません。誰でもひとりで会話することはできませんから、自然と英会話をしない日は出てくるのは当然です。

ただよくよく考えてみてください。

私たちが日本語を話せるようになっているのは、毎日5分でも10分でも話しているからではないでしょうか。

定期的にアウトプットできるのがEnCube(インキューブ)

定期的にアウトプットできるのがEnCube(インキューブ)

EnCube(インキューブ)はこうした「インプットしがちな日本人の癖」や「英会話教室が持つ圧倒的にアウトプット量が足りない点」をフォローすることで、最短で上達できるように考えられています。

今や日常生活で欠かせないスマホで見れる動画を配信することで、常に英会話に触れられる機会・発音できる機会を作ってくれるのです。

実際受講してみると、「ネイティブ英会話マスター」は聞いていて「ふむふむなるほど」と思うのですが、「Live English」や「なりきりスピーキング」でレッスンをするとかなり難しいと感じるかもしれません。

でも難しいのは知識不足ではなく、これまでアウトプットらしいアウトプットをしてこなかったためです。

言い換えればEnCube(インキューブ)は、それだけアウトプットのエクササイズに特化した教材と言えます。だからこそ何度も繰り返し見ることで、「ネイティブに通じる英会話のスキル」がぐんぐん上達していくのです。

アウトプットがスムーズにできれば、話す・聞くが自由自在にできる

アウトプットがスムーズにできれば、話す・聞くが自由自在にできる

EnCube(インキューブ)を使ってアウトプットがスムーズにできれば、外国人に自分が言いたいことを伝えることができます。また相手が何を言っているのかが自然に理解できます。

名前以外に仕事の話や今住んでいる場所のことを教え合ったりして、外国人と楽しく交流を深められるでしょう。海外旅行をしたときに行きたい場所をスムーズに教えてもらうことや、困ったときにすぐに助けを求めることもできます。

また道に迷った外国人に適切に案内したり、海外ドラマを見て字幕なしで見たりすることも可能です。

例え今は海外旅行に行かない人でも、これから日本にいるだけでも英会話はどんどん需要が高まっていきます。まだまだネイティブ化していない人たちはたくさんいるので、今のうちに身につけてしまいましょう。

プライベートや趣味だけでなく、仕事面でもあなたのスキルは多くの人から求められるはずです。

EnCubeのHPを見る

EnCube(インキューブ)で上達した人たちのレビューを見てみた

EnCube(インキューブ)で上達した人たちのレビューを見てみた

ここでは実際にEnCube(インキューブ)を使って、英会話スキルが上達した人たちの声をご紹介します。

英会話スキルが上達した人たちの声①

Aさん

【友人が英会話を頑張っているのを見て焦っていた】

どうせ海外旅行に行く機会もないだろうし、英会話はいいかなあと本心を言えば思っていました。でも周りの友人が海外旅行のために一生懸命英会話教室に通っていて、いろんなことを学んでいるのを聞いていたら、少し焦りが出てき始めたんです。そこでたまたまEnCube(インキューブ)を見つけました。

最初は「こういう教材はどうせいいことしか言わない。スキルなんて身につくわけないし…」と思っていました。でもだからと言って英会話教室に通うのは考えられなかったですね。そしたらキャンペーンでさらに安くなることがわかったので、まあこのくらいの出費ならいいかな、という軽い気持ちで始めました。

【気づいたら友人よりも上達していた…!】

EnCube(インキューブ)は初め見よう見まねで発音して、これで本当に効果があるのかなと思いながらだったんですが…1週目の「Live English」や「なりきりスピーキング」がなんとかできるようになったあたりから少しずつ変化が現れました。それで3週目が終わった頃だったでしょうか。英会話教室に通っている友人と出かけたときに、たまたま外国人に道を尋ねられたんですね。友人が説明するも伝わらなかったので私が代わりに話したところ、すぐにこちらの言いたいことを理解してくれて感謝されたんです。

EnCube(インキューブ)をやってよかったなと心から思った瞬間でした。今ではEnCube(インキューブ)の動画を毎日見ないと落ち着かないくらいです。EnCube(インキューブ)はいい意味で私を裏切ってくれましたね(笑)。私の英会話に驚いた友人にもおすすめしてあげました。

英会話スキルが上達した人たちの声②

Bさん

【英語教材も英会話教室も続かず、レッスンから離れていた】

これまでいろんな英会話の教材に手を出しては挫折していました。やり始めるときはこれだけは続けよう!と思って始めるんですが…スキルの上達が実感できなくて、すぐに飽きてしまうことが多かったんです。

それ以外にも、英会話教室で丁寧に教えてくれた先生がいたんですが教室に行くのがどうしても億劫で。一度行かなくなるとダメですね。徐々に行く回数が減って、何のために高いお金を払っているのかと自分で自分が嫌になるくらいでした。上達しない→続かない→上達しないのループに疲れてしまって、しばらく英会話レッスンから離れていましたね。

【気がつけば3ヶ月、海外旅行もひとりで好きなところに行けるように】

そんなとき、たまたまネットでEnCube(インキューブ)というスマホ英会話があるというのを知りました。スマホで動画を見て真似するだけでいい、と言う謳い文句が個人的にツボでした。「これなら続くかも」と思って、ちょっとやってみることにしたんですね。これまで痛い目を見てきているはずなのに、我ながらよく申し込んだなと思いましたよ(笑)。

そしたらEnCube(インキューブ)は、今のところ飽きることなく続いています。朝と晩でちょっと違う動画が配信されるシステムは想像以上に便利でした。同じことの繰り返しだったら、もしかしたら辞めていたかもしれません。でも次は何の動画が来るんだろう、どんなフレーズを教えてくれるのだろうとワクワクして待っている自分がいたんですよ。気がつけばどっぷりとEnCube(インキューブ)にハマっていましたね。動画も短いのですぐに終わりますし、見返すのも簡単。どんどん英会話が身近なものになっていくのがわかりました。

すごく嬉しかったのは、やっぱり海外旅行にいったとき。初めてひとりだったんですが好きな場所に好きなように行けて、本当に楽しかったです。EnCube(インキューブ)をやってよかった。

英会話スキルが上達した人たちの声③

Cさん

【ひたすら聞いても全然わからない】

観光名所近くの土産物店で働いているんですが、最近目に見えて外国人の方が来るようになったなと思ったので最初スピードラーニングをやっていました。でも何度聞いても一向にスキルが上がらなかった。他の人が言っているような成果が出なかったんですね。自分には無理なんだと思って、次第に英会話を学ぼうというモチベーションもすっかり下がりきっていました。でもこのままじゃダメだと思って英語教材の紹介サイトを見ていて、EnCube(インキューブ)を見つけたんです。

【アウトプットが重要だと何度も言ってくれるから意識も高まった】

EnCube(インキューブ)をやり始めて衝撃だったのは、これまでのスピードラーニングのようなものとは逆で、ものすごいアウトプットさせるところでした。イムラン先生のアウトプットしないから覚えられないんだ、と言う言葉は今でも忘れません。やっぱり英語も日本語と同じでどんどん自分から話さないと身につかない。なんでこんな単純なことに今まで気がつけなかったんだろう、と思いましたね。

あと動画の中で先生方が何度も「アウトプットが大事!」と言ってくれるのも良いなと思っています。あの言葉があるから、「アウトプットを忘れないようにしなくちゃ」と自分に言い聞かせることもできたからです。丁寧に教えてくださっている先生方には感謝です。これからもアウトプットを続けて、海外の人に喜ばれるような対応ができるようにしてきいたと思っています!

EnCube(インキューブ)の利用者様にインタビューしてみた EnCubeのHPを見る

EnCube(インキューブ)で上達できる人、できない人

EnCube(インキューブ)で上達できる人、できない人

ここまでEnCube(インキューブ)の特徴や上達する本当の理由、レビューを見てきました。ではEnCube(インキューブ)で上達できる人、できない人について見ていきましょう。

EnCube(インキューブ)で上達できる人は次の方です。

①文法などはいいからとにかく話せるようになりたいと思っている人

②「英語が苦手だな」と思ってきた人

③中途半端にやった英語教材がたくさんある人

④英会話教室に通うのが面倒くさくてやめてしまった人

⑤目的もなくスマホを触ることが多い人

反対にEnCube(インキューブ)で上達が難しい人は次の方です。

①動画を見ながらひとりで話すのも恥ずかしい人

②3日に1回しかスマホを見ない人

③動画を見るだけなど、もっと簡単に英会話スキルを身につけたい人

EnCube(インキューブ)でつまづきやすい人の特徴 EnCubeのHPを見る

上達へと導いてくれる魅力あふれる先生たち

上達へと導いてくれる魅力あふれる先生たち

続いて、EnCube(インキューブ)で英会話を教えてくれる先生方をご紹介したいと思います。

イムラン・スィディキ先生

イムラン・スィディキ先生

英会話レッスンの著作多数! 知る人ぞ知る英会話教育の達人

イムラン先生は日本生まれ日本育ちながら、大学院まで英語で授業を受けてきたことから英語が堪能な先生。大学院に通っている中で英語を教える楽しさを知り、社会人のときに「コペル英会話」という英会話教室を立ち上げます。「英語を教えることはビジネスではなく、教育である」という理念を持ち、常に英会話レッスンについて考えてこられました。

書かれた英会話の書籍は『これだけ言えれば会話が続く! 英語表現100』『中学レベルの英単語でネイティブとペラペラ話せる本』『英語は一日一言覚えれば話せます』など多数。

10万人のメンバーを超えるmixiの「英語一日一言」の主催者を務めているほか、オールアバウト・プロファイルに英語の専門家や『Yahoo!知恵袋』のチエリアンなど幅広く活動を続けていらっしゃいます。

シモン・オオゴ先生

シモン・オオゴ先生

外部向けセミナーの受講生は1,000人超え! 頼りになる「コペル英会話」の主任講師

シモン先生は日本で生まれたのち、3歳のときに渡米。小学生のときに日本に戻り、インターナショナルスクールに入学されました。その後、日本とアメリカを行ったり来たりしながら、東京の「セントメリーズ・インターナショナル・スクール」や、アメリカ・カリフォルニア州の「Pitzer College」「Golden West Gate College」などに通われています。

現在は「コペル英会話」の主任講師を務め、わかりやすい発音で人気を着実に集めています。先生ご自身がYoutubeですでにレッスン動画を多数アップされており、EnCube(インキューブ)でも非常に見やすく聞きやすいレッスンをしてくれるのが特徴です。

ぷりん亭芽りん先生

ぷりん亭芽りん先生

獲得した賞は多数! 実績十分な現役女子大生

メリン先生は小学校3年生のときに英語落語の活動を始め、10年間続けている現役の女子大生です。表現することが好きとのことで演劇やミュージカル、2018年の4月からはマイムの勉強にも取り組まれています。

とても落ち着いた雰囲気と堂々としたコミュニケーション能力を持っているためか、「27歳くらいですか?」とよく上の年齢に見られるそう。たくさんのお客さんが見ている前で落語を披露し、さまざまな賞を獲得されてきた実績があるためでしょう。EnCube(インキューブ)の動画でも、相手に伝わりやすい発音の仕方を丁寧に教えてくれます。

EnCubeのHPを見る

EnCube(インキューブ)は金額もびっくり!

EnCube(インキューブ)は金額もびっくり!

EnCube(インキューブ)は、「考え抜かれたプログラム」と「英会話教育に優れた先生方」でスキルをぐんぐんアップさせてくれます。

でも「それだけ立派な教材だと高いんじゃないの?」「結局高かったら続かないんだよね…」と考えている人もいるかもしれませんね。

ここでは、EnCube(インキューブ)の金額についてご紹介していきます。他の英会話教室の金額も紹介しますので、比較してみてください。

EnCube(インキューブ)と他社の月額料金

EnCube(インキューブ)の月々にかかる料金は7,980円(税抜)です。

対して駅前留学というキャッチフレーズで有名なNOVAは、マンツーマン形式で20,000円(消費税や入会費など込み)となっています。

またAEONは29,970円(税抜)で教材費や入会費が別。リンゲージも28,000円(税抜)とAEONとそこまで大差ありません。

なお、今ご紹介した英会話教室のレッスン時間は1週間あたり40分~50分です。

EnCube(インキューブ)が60分(5分の動画×12回)ということを考えても、EnCube(インキューブ)が安いことがわかります。

現在はキャンペーンを実施中!

さらにEnCube(インキューブ)では、現在入会キャンペーンを実施しています。今申し込むと初月が0円、2ヶ月目以降の料金が通常価格の32%オフの5,480円(税抜)です。

教材内容の充実さから言っても、コストパフォーマンスが良いのは一目瞭然と言えます。ただしキャンペーンがいつまで続くのかは未定なので、申し込もうと考えている方はすぐにしたほうがいいでしょう。

申し込む際には、申し込み用フォームに名前や住所など必要事項を入力し、「個人情報の取り扱い・利用規約」などに同意。

「クレジットカード」「コンビニ後払い」「郵便振替」の3種類の支払い方法から選び、その後「注文を確定する」というボタンを押すだけです。ネットショッピングに慣れている人であれば、簡単にできると思います。

EnCubeのHPを見る

EnCube(インキューブ)の会社は、商品開発に力を入れている株式会社INK

EnCube(インキューブ)の会社は、商品開発に力を入れている株式会社INK

EnCube(インキューブ)を販売している会社は、平成26年設立の『株式会社INK(アイエヌケー)』。資本金は1000万円で、従業員数はアルバイトを含む50名です。

有名な企業かと言われると判断し難いところですが、美容・健康関連商品の開発を行う『株式会社GLANd』『株式会社SHINOWA』と広告代理・コンサルティング事業を行う『株式会社Michelle』の3つの子会社を所有しているところから、規模としては小さくはないと言えます。

利用規約には、商品に不備があった場合は商品の交換対応をし、キャンセルは注文日の営業日17:00までに電話で連絡をすれば受け付けると書かれています。

受付及び個人情報に関する問い合わせ窓口は、

TEL…03-6625-4006

時間…10:30~13:00・14:00~17:00(土日祝除く)

です。こちらははっきり利用規約及びプライバシーポリシーに明示されています。

販売方法やその他の取り決めなどに不審な点は一切なく、価値のある商品を自信を持って販売している会社と言えるのではないでしょうか。

EnCube(インキューブ)を作っている会社の“知られざる秘密” EnCubeのHPを見る

まとめ

まとめ

以上、EnCube(インキューブ)で上達する本当の理由でした。

・EnCube(インキューブ)は英会話教室ではまかないきれなかったアウトプット量を補ってくれる。

・口に出して発音するのは外国人に伝わる発音。

このふたつをベースにしながら先生方が平易なフレーズも丁寧に教えてくれるため、中学校の英語が苦手だったという人もステップアップできます。

EnCube(インキューブ)をやっていて英会話ができるようになると、英会話に対する恐れがどんどんなくなっていきますよ。

スピーキングやリスニングのスキルを上達させて、英語をもっと身近で楽しいものにしてみてはいかがでしょうか。

EnCube(インキューブ)のイメージ画像!
EnCubeのHPを見る