EnCube(インキューブ)の効果をさらに高める方法

EnCube(インキューブ)の効果をさらに高める方法

EnCube(インキューブ)は、効率よく英会話スキルを上達させてくれる教材です。

動画に従って講義を受けていけばどんどん英語が話せるようになっていきますが、ここではEnCube(インキューブ)の効果を“さらに高める方法”をお伝えしたいと思います。

EnCube(インキューブ)は継続することが大事

EnCube(インキューブ)は動画がほぼ毎日配信されるのですが、慣れないうちはかえってその動画の配信ペースが早いと感じる人もいるようです。

まだ前のフレーズがマスターできていないのに次の動画が来てしまった。それを繰り返しているうちに見るのが億劫になってしまい、気がつけばやらない日が出てきた…という人も。

ですがこれは何事にも言えることですが、ただ一度経験しただけでは満足のいく成果はなかなか得られません。

ダイエットをするために食事を制限したとしても、それがたったの一日だけであれば想像したような体型にはなりませんよね? 同様にたった一回ダンスのレッスンに通っただけで好きなアーティストのダンスが踊れるかというと決してそうではありません。

体験した後にその状態を長く維持すること。つまり「継続」こそが成功への近道なのです。継続することで技術や知識は着実に蓄積されます。

フレーズの発音が身につかないうちは動画が配信されるタイミングとは別に反復して学習する。そうすれば忘れることのない記憶としてしっかり定着することでしょう。心に描いている理想のシチュエーションにもたどり着けます。

反復練習をして継続することが、EnCube(インキューブ)の効果をさらに高める方法です。

継続するために有効な方法

とは言え、反復練習をして継続してくださいとただ言われても難しいものがありますよね。そんなときに有効なのが通勤時間の活用です。

夜の時間にEnCube(インキューブ)の動画を見ておき、通勤時の電車の中などで復習する。この方法であれば日常生活を大きく変える必要もないため、過度な負担を感じることもなく続けられると思います。通勤が車であったり、徒歩や自転車のため、通勤時に見ることができないという場合は仕事の休憩時間を活用するのもひとつの手でしょう。

もしくは、一日のこの時間からこの時間まではEnCube(インキューブ)にあてると決めておく。最初から長時間を費やすのは難しいかもしれませんが、復習でもう一度動画を見る時間を含めて1日10分から15分程度の短時間であればストレスなく実践していけることでしょう。

また、継続するためのプロセスを作るというのも非常に有効な方法の一つです。

仕事が終わり、帰宅すればそこから自由な時間が始まりますよね。動画鑑賞であったり、テレビゲームであったり、トレーニングであったり、趣味の時間に費やすことができます。例えばそれらを行う前にEnCube(インキューブ)の動画を見るとルールを決めておくのです。そうすることでEnCube(インキューブ)が日常のワンシーンの中に溶け込み、スムーズな流れで継続が可能となります。

今例に上げた方法のすべてを実践していかなければならないというわけではありません。

自身に最も合った方法を選び取り、継続によって上達していくことの喜びを感じ取っていただければと思います

EnCube(インキューブ)のイメージ画像!
EnCubeのHPを見る トップページを見る